目次

1.全国展開しているファミリーマートの豆腐を食べた感想

全国展開しているファミリーマートの豆腐を食べた感想

ファミリーマートとは

ファミリーマートの店舗は全ての都道府県にあり、店舗数はセブンイレブンに次いで業界2位です。特にセブンイレブンの店舗が少ない鹿児島県・沖縄県ではシェア1位になったこともあります。

店舗展開としては異業種とタッグを組んでおり、持ち込みOKのカラオケ店や、地域色の強いスーパーマーケット、ドラッグストア、外食店、農協などを合わせ持つ一体型の店舗もあります。


2.ファミリーマートの取り扱い商品

コンビニ店内画像
ファミリーマートのオリジナル商品といえばPBのファミマルが有名ですが、ニーズに合わせた商品を次々に発売しています。

ただし、ファミリーマートはプライベートブランドに力を入れていくという方針ではなく、各分野のプロとタッグを組んで商品を発売しています。

豆腐も例外ではなくて、住んでいる地域によって豆腐の取り扱いメーカーや種類が違いますが、社内で評価しておいしいと思うメーカーのものを使っているでしょう。
ローソンと同様にヘルシー路線にも力を入れています。


店名 ファミリーマート
使用大豆 メーカーにより異なる
にがり メーカーにより異なる
メーカーにより異なる
消泡剤 メーカーにより異なる

ファミリーマートの商品一覧(豆腐のみ)
国産大豆の木綿豆腐 アサヒコ
揚げ出し豆腐
木綿豆腐3個入り
国産大豆の絹ごし豆腐 アサヒコ
RIZAPのむとうふ
とうふそうめん風

※地域により豆腐の種類は異なります。



3.ファミリーマートの商品を食べた感想

商品名:お母さん食堂やわらか絹豆腐 ファミリーマート(ライクスタカギ)
お母さん食堂やわらか絹豆腐 ライクスタカギお母さん食堂やわらか絹豆腐 ライクスタカギ
販売:ファミリーマート(全国)
内容量:150g×3
エネルギー:54kcal(100g)
お母さん食堂やわらか絹豆腐 ライクスタカギ
にがみ2、舌触り2、堅さ2、塩2、甘さ1、濃厚1
柔らかくて少しザラッとしている食感が特徴の豆腐で大豆の味は強くない。甘さは少なくてどちらかというと塩感がある。苦みがなくてさっぱりとしているので食べやすいのが魅力。


絹ごし豆腐 ファミリーマート(ライクスタカギ)
絹ごし豆腐 ファミリーマート(ライクスタカギ)
にがみ2、舌触り3、堅さ2、塩2、甘さ2、濃厚2
絹らしいツルっとした食感で比較的密度も高め。大豆の味があるのはもちろんのこと、奥深いコクも楽しめる。塩味や甘さは少なくてどちらかと言えば甘さがまさっている。



国産大豆の木綿豆腐 ファミリーマート(ライクスタカギ)
国産大豆の木綿豆腐 ファミリーマート(ライクスタカギ)
にがみ1、舌触り2、堅さ2、塩2、甘さ2、濃厚3
柔らかくて密度が詰まっている食感の豆腐で、クリーミーさがある。国産大豆の味があって後味には甘さもともなっているのでそのまま食べてもよい。塩味はあまりない印象。

きぬごし豆腐 ファミリーマートきぬごし豆腐 ファミリーマート
きぬごし豆腐 ファミリーマート(ライクスタカギ)
にがみ2、舌触り3、堅さ2、塩2、甘さ1、濃厚2
密度が詰まっていて柔らかめでツルっとしたいかにも絹豆腐という食感で、甘さより塩味がまさっているけど、どちらも強くはない。ほんのりと大豆の味があるけど、最初に独特な苦みのような味を感じる。

4.ファミリーマートの豆腐メーカーリスト

ライクスタカギ
ライクスタカギは岐阜県可児市にある豆腐店です。

歴史は長くて1948年に豆腐製造販売業として創業して、高木食品工業から名称を変えて現在に至っています。

豆腐づくりの素材にもこだわっていて、欠かすことのできない水は木曽御岳山系の伏流水を地下100m以上ボーリングすることによって、良質な天然水を掘り起こしています。
大豆は国産で、主に北海道産と岐阜県産大豆を使用しています。→ライクスタカギの詳しい説明(サイト内)



アサヒコ
アサヒコは埼玉県行田市で1972年より豆腐を製造している会社です。
現在は本社をさいたま市に置き、埼玉、長野、群馬、神奈川に6つの工場を持ち、海外にもネットワークを持つ大規模な会社になっています。 →アサヒコの詳しい説明(サイト内)


※地域により豆腐のメーカーは異なります。




このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果All rights Reserved.