目次

1.京都府京都市の京仁助豆腐

京都府京都市の京仁助豆腐

京仁助豆腐とは

京都府京都市の京仁助豆腐
京仁助豆腐は京都駅の南西で南区吉祥院の吉祥院天満宮にほど近い静かな住宅街の一角に店(工場)があります。
こんなところに豆腐店がという感じの場所です。


国内産大豆と京の地下水および天然のにがりを原料とし、豆腐、豆乳や湯葉に加え、がんもや厚揚げといった揚げ製品の製造をしています。

大きな特徴として店頭販売はせず、10数種の豆腐を京都・大阪をはじめ、全国の有名百貨店などで販売しております。百貨店への卸売中心に、TELやメールでの個人向け注文にも対応しているようです。


2.京仁助豆腐の取り扱い商品

京都府京都市の京仁助豆腐
大豆は、甘みが豊かな大粒のオオツル、モチ大豆、フクユタカ、北海道産のオオソデフリなどをしようしています。その時のタンパク質の量や甘みなど、時季によって豆の具合を見極めてブレンドし、変化をもたせています。春になると、フレッシュな新豆も積極的に使用しています。消泡剤や保存料等の添加物を使用していないのも特徴です。
店名 京仁助豆腐
使用大豆 近江産ミズクグリ、オオツル、フクユタカ。その他国産大豆
にがり 伊豆大島のにがり
京都・桂川の我流水
消泡剤 不使用
京仁助豆腐の商品一覧
ざるとうふ
京職人とうふ
丹波黒大豆おぼろ
ゆずおぼろ
よもぎおぼろ
からし豆腐
京の粋 京とうふ
京 絹とうふ
よもぎ豆腐 250g
にがり本もめん 280g
京もめん
胡麻とうふ
京豆腐<極> 280g
京豆腐<極>
京 絹とうふ 250g
京おやき 250g
おぼろ豆腐
京おやき

揚げ出しとうふ 
絹あげ (たれ付き)
おあげ(大)
ひろうず
京がんも
厚揚げ(3ヶ入り)
おあげ(小)



3.京仁助豆腐の商品を食べた感想

おぼろとうふ 京仁助豆腐おぼろとうふ 京仁助豆腐
おぼろとうふ 京仁助豆腐 285円
にがみ1、舌触り2、堅さ2、塩2、甘さ4、濃厚4
大豆の濃さが表れている豆腐で、クリーミーさのある食感とのハーモニーはうまい。塩感はすくなくて甘さが後味までずっと広がりをみせている。それでもって苦味もなくて大豆本来の味を楽しめるので良い。


4.京仁助豆腐へのアクセス方法

店名:京仁助豆腐
お問い合わせ:075-661-4569
住所:京都市南区吉祥院東前田町5-7
営業時間:10:00~
定休日:火曜日・日曜日
駐車場:なし


このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果 All rights Reserved.