目次

1.京都府京都市の平野とうふ

京都市の平野とうふ

平野とうふとは

京都市の平野とうふ京都市の平野とうふ
「麩屋町姉小路(北西角)」に平野とうふがあります。明治39年の創業でとても歴史があります。外観は、どこにでもある普通のお豆腐屋さんですが、「俵屋旅館」「炭屋旅館」「柊家」など品格ある老舗京都三大旅館にお豆腐を卸し続けているお店だそうです。

初代の豆腐は北大路魯山人が、2代目の豆腐は白洲次郎にも好まれたといわれています。

店内では1人がもくもくと作業をされています。売り場というよりは作業場がほぼ全体を占めています。外見も古そうですが中も結構ねんきが入って昔からの床の石畳が良い味をかもしだしています。



2.平野とうふの取り扱い商品

京都市の平野とうふ
百貨店等への出店は現在も一切拒んでいるようで、買おうと思えばここしかありません。もちろん値段もスーパーと比べると高いです。

商品は豆腐と揚げのみのシンプルなメニューです。

京都の豊富な地下水を使い、防腐剤を一切使わない製法の手作りなので安心して食べられます。
美味しさと安全性が両立しているすばらしい豆腐を提供しています。


京都市の平野とうふ
店名 平野とうふ
使用大豆 季節により適した大豆
にがり 不明
京都の地下水
消泡剤 不明

平野とうふの商品一覧
白豆腐 240円
絹ごし 240円
焼豆腐 240円
油あげ 240円
ひろうす 85円
あつあげ 75円
すしあげ 75円
ソフト豆腐 240円



3.平野とうふの商品を食べた感想

白豆腐(もめん) 平野屋
白豆腐(もめん) 平野屋
にがみ2、舌触り2、堅さ2、塩2、甘さ2、濃厚2
柔らかくて絹のような感覚の豆腐だけど舌触りは少しざらっとしている。味は苦味は少なくて好感が持てるけど、大豆の濃さはあまり目立っていない。甘さがほんのりと後味に残っているので上品に奥深く楽しめるかも。



4.平野とうふへのアクセス方法

店名:平野とうふ
お問い合わせ:075-221-1646
住所:京都府京都市中京区姉小路通麩屋町角289
営業時間:9:30~19:00
定休日:日曜日
駐車場:なし



このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果 All rights Reserved.