目次

1.沖縄県那覇市のあさひ

あさひの琉の月ジーマーミ豆腐

あさひとは

あさひの琉の月ジーマーミ豆腐
ジーマーミ豆腐で有名な琉の月を作っているあさひは1973年に沖縄県那覇市宇栄原で創業して同地に本社がある会社です。

場所は沖縄の玄関口である那覇空港に比較的近くのゆいレール赤嶺駅から少し南に行った場所です。

本社と合わせて豊見城市に工場を持っています


2.あさひの取り扱い商品

あさひの琉の月ジーマーミ豆腐
沖縄の食品メーカーが自社工場でつくった商品は魅力です。特に観光と一体化している地域なのでお土産として人気があります。

もともとのヒット商品はビーフジャーキーで、その後黒豚の角煮、ミミガーチップ、島豚ジャーキー、豆腐よう、ジーマーミ豆腐、沖縄ぜんざい等、本土では珍しい様々な商品 を開発しています。

売っている場所も空港や飛行機の機内販売、お土産物店やホテルが多いようです。
現在はネットショップでも買うことができます。
あさひの商品一覧
豆腐よう
紅麹もろみ酢
ビーフジャーキー
黒豚ジャーキー
ミミガーチップ
ミミスター
島豚ジャーキー
ラフティ(豚皮付バラ煮込み)
ソーキ(豚バラ軟骨煮込み)
黒豚角煮
ジーマーミ豆腐
沖縄そば
ソーキそば
もずくのり佃煮
琉球黒豚焼きみそ
ミミガーの佃煮
てびち(豚足煮付)
沖縄ぜんざい


3.あさひの商品を食べた感想

琉の月ジーマーミ豆腐 あさひ琉の月ジーマーミ豆腐 あさひ
ジーマーミ豆腐は落花生のしぼり汁を固めて作っており、沖縄の郷土料理として広く親しまれています。ジーマーミとは沖縄の方言で地豆、つまりピーナッツのことをいいます。

中でも琉の月はピーナッツを惜しみなく使うことで濃厚な味わいともっちりとした食感、そして上品ななめらかさが味わえるように仕上げているので惣菜としてもデザートとしても楽しめる一品です。
琉の月ジーマーミ豆腐 あさひ
琉の月ジーマーミ豆腐 あさひ
原材料
ジーマーミ豆腐:ピーナッツ、澱粉、米粉(原材料の一部に落花生を含む) たれ:水あめ、しょう油、砂糖、魚介エキス、醗酵調味料、たん白加水分解物、食塩、昆布エキス、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、着色料(カラメル)、香料(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

エネルギー:122kcal(70g)

にがみ1、舌触り3、堅さ3、塩2、甘さ2、濃厚3
弾力ある食感でもっちり感はかなりある。後味にピーナッツの味を感じるので濃さもそれなりにある。塩感よりは後味に残る甘さと旨みが印象的。タレは醤油とダシベースでかなり濃くて甘さよりは塩感が強い。醤油モチのイメージ。

ジーマーミ豆腐 琉の月 詳細

4.あさひへのアクセス方法

店名:あさひ
お問い合わせ:098-857-0773
住所:沖縄県那覇市宇栄原3丁目20−5
営業時間:9:00~17:30
定休日:不定休
駐車場:不明

このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果 All rights Reserved.