目次

伊豆の豆腐や若木屋をネットで注文してみました

伊豆の若木屋の豆腐商品

伊豆の豆腐や若木屋とは

静岡県伊豆市にある若木屋は明治中期に創業した歴史のある豆腐製造業者です。取り扱う商品は天城の伏流水と国産大豆にこだわっており、取引先である地元スーパー等から好評を得ています。

少々高くても美味しいと指定されるような商品づくりが若木屋のこだわりです。
そのために、原料の厳選、天城の天然水の使用、添加物の極力未使用、鮮度維持の徹底、衛生管理の徹底、製法の研究に心がけています。
例えば、湯葉でも高温滅菌すれば日持ちしますが、明らかに風味が落ちてしまいます。それでは「らしい」味になってしまい、本来の湯葉の味がでません。




製造へのこだわり
原料・製法にこだわり価値のある物(美味しいもの)を作る。
品質管理を徹底!
湯葉はすべて国産大豆、とうふ・揚げ物の一部にも
国産大豆・カナ ダ産無農薬大豆を使用。
商品開発力が備わっている。
生湯葉・絹生揚げ・惣菜など実績あり
温度管理や湯葉層などもすべて自社内で研究しております。
売り場づくりに貢献できます。
(揚げ物の売り方・陳列のノウハウ・実演販売・デモ販売)
揚げ物の売り上げの純増、惣菜の売り上げ拡大など新しい
売り上げ貢献ができます。


2.若木屋の取り扱い商品

淡雪 350円
3D冷凍生湯葉 300g
汲み上げ湯葉 1330円
たぐり湯葉 1330円
平湯葉 1150円
巻き湯葉 590円
絹ごし豆腐(大)500g
絹ごし豆腐(小)300g
枝豆とうふ200g (季節限定)
焼き豆腐 180円
絹の味 260円
伊豆の雪 280円
もめん豆腐(大)500g
伊豆の山なみ
伊豆の清流
湯葉とうふ 185円
絹生揚げ
昔揚げ 345円
手揚げ 380円
五目がんもどき 300円
甘がんもどき 300円
季節がんもどき 枝豆 (期間限定)


3.若木屋の商品を食べた感想

商品名:おいしい!若木屋・味自慢セット

原材料:たぐり湯葉/湯葉(国産大豆)、たれ(醤油・大豆・水飴・みりん・調味料・アミノ酸等)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)、おろしわさび生
淡雪/国産大豆(遺伝子組換でない)、にがり、消泡剤
昔揚げ・手揚げ/国産大豆、植物油
五目がんも/アメリカ、カナダ産大豆(遺伝子組み換えでない)、せり、わらび、筍、人参、木耳、昆布、黒胡麻、とろろ芋、もち粉、食塩、植物油、調味料(アミノ酸等)、にがり

内容量:たぐり湯葉150g×1パック
寄せ豆腐淡雪250g×1パック
昔あげ1枚入り×1袋
手揚げ2枚入り×1袋
五目がんも2個入り×1パック

消費期限:4日(発送日より)


伊豆の若木屋の豆腐商品
五目がんもどき 若木屋
たけのこ、人参、きくらげ、わらび、ごま、せりがはいったがんもで少し硬くて木綿のよう。味はあまりついていなくて薄い印象。豆腐はあまり主張していないけど、揚げも主張してないので薄い。揚げも油っこさがなくて表できる。


伊豆の若木屋の豆腐商品
手揚げ 若木屋
少し厚めの油揚げで、豆腐の味も詰まっている印象。味はあまりなくて油の良い味が口の中に広がる。油っぽさはなくてさっぱりとしている。


伊豆の若木屋の豆腐商品伊豆の若木屋の豆腐商品
淡雪 若木屋
にがみ2、舌触り5、堅さ2、塩3、甘さ3、濃厚3
口当たりが独特で淡雪という感じのふわふわ感が後にある。味は塩感と甘さが上品にあって、しかも適度。大豆の濃さも後味に残るくらいある。寄せ豆腐だけど、味は木綿のよう。タレは醤油ベースで少し甘くて割と濃い。


伊豆の若木屋の豆腐商品
昔あげ 若木屋
少し油っぽさがあってしっとりとしている油揚げで、厚め。豆腐の味はあまりなくて苦味が少し伴っている。だけど油の味もついていて楽しめる。


伊豆の若木屋の豆腐商品伊豆の若木屋の豆腐商品
たぐり湯葉 若木屋
にがみ2、舌触り2、堅さ2、塩2、甘さ2、濃厚3
少し弾力がある舌触りの湯葉で柔らかさもある。味は豆乳を少し薄めたような味で濃さはそこまで強くない。大豆本来の味が純粋に楽しめるぐらいにほかの味がなくて塩っぽさや甘さも少ない。たれはめんつゆそのもので少し塩っ辛い。



このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果 All rights Reserved.

Copyright c 2017 豆腐を徹底比較!コンビニやスーパー編 All rights Reserved.