目次

1.豆腐は21世紀に必要な古くて新しい健康食品

朝食でおなじみの味噌汁の具にはじまり、冷やっこ、湯豆腐と、豆腐は数千年の歴史をもつ大豆加工食品の中で、もっとも広く食べられている食品です。

豆腐の原料となる大豆は植物でありながら、タンパク質と脂肪を多く含んでいます。このことから豆腐は「畑の肉」とも呼ばれています。大豆自体は消化吸収しにくいですが、それを消化吸収しやすい形に作り直し、乳児から高齢者までだれにでも食べることができる食品として生み出したのは、ほかならぬ先人たちの知恵といえると思います。

中国で発祥し、日本で育った豆腐ですが、本格的に庶民の食べ物となったのは江戸時代といわれ、天明2年に刊行された豆腐料理の本『豆腐百珍』は、続編が出るほどの爆発的な人気があったみたいです。

以来、豆腐は全国津々浦々まで普及し、現在に至るまでさまざまな料理に使われ、日本人の食を支えてきました。 厚揚げやがんもどきなど豆腐から作られる加工品も数多く、独自の食文化も形成しています。

これまで日本人の食生活の中で重要な核となってきた豆腐は、高タンパクで、老化を遅らせる成分や物質をいろいろ備え、むかしからいわれているように長寿食なのです。 さらに、美肌づくりなどに効果のある美容食として、またカロリーが少なく、水分が多いため満腹感が得られ、栄養不足にならないという点で、すぐれたダイエット食にもなっています。 豆腐の持つすぐれた働きはこれだけではありません。

ガンや高血圧、動脈硬化、心臓病、糖原病などの成人病や肥満などの発症の抑制や回復、健康の維持を果たす食品の機能性、いわゆる「機能性食品」としても脚光を浴びているのです。豆腐に含まれている成分にそれらの機能のあることが研究され、現在、次々に解明されています。

老若男女を問わず、長いあいだ親しまれてきた日本の伝統食である豆腐は、歴史の古い食べ物でありながら、安心して食べられる新しい健康食であり、21世紀にこそ必要不可欠な食品であることは間違いありません。


2.鉄と亜鉛を多く含む豆腐はミネラル不足を補い貧血も予防
現代は豊かな食生活の中にあって加工食品などが出まわり、ミネラル不足の状態にあるといわれています。女性ばかりでなく、10代から20代前半の男性にも貧血の症状がみられるといわれているのも、ミネラルのひとつである鉄が不足しているからでもあります。

ご存じのように、鉄は赤血球に存在するヘモグロビンの構成成分として欠くことのできないものです。貧血を防ぐには血液を作る材料を毎日の食事から十分にとることが必要です。 鉄以外にもミネラルは大切な働きをしています。栄養素としての力ルシウムや亜鉛などのミネラルは体重のほぼ5%を占めており、骨在形成する灰分としてからだを支えたり、機能を調整する役目を果たしています。

このためミネラルが不足すると、体内の機能は正常に働くことができなくなり、生理的にも心理的にもいろいろな異常が現れてきます。

豆腐にはカルシウムをはじめ、リン、鉄、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅と「四訂食品成分表」にある項目のすべてが含まれています。とくに、母乳にも含まれている亜鉛が木綿豆腐100g(3分の1丁)には680ug、鉄も1.4mg含まれています。

これを同じタンパク質食品であり、鉄分が多いとされている和牛肩肉と出較すると、鉄は100g中1.9mgで亜鉛や銅は含まれていません。つまり豆腐3分の2丁で牛肉を100g食べたときより鉄分を多く摂取でき、牛肉に不足しているミネラルが補えるのです。豆腐はミネラル不足の現代の食生活をカバーするのに大いに役立つ食べ物です。

もちろん豆腐だけでなく、バランスのとれた食事をするうえで肉や野菜などからの摂取も必要であることは言うまでもありません。



3.オリゴ糖が腸内の善玉菌・ビフィズス菌を増やす
豆腐にオリゴ糖が含まれているのも見逃せません。オリゴ糖は、健康によい効用があるとして以前から注目されているものです。

豆腐に含まれているオリゴ糖は体内の消化酵素では分解されませんが、大腸に生息している大腸菌によって分解されます。中でもとくに有用菌とされているビフィズス菌は、このオリゴ糖を栄養源として増殖します。

ビフィズス菌は、腸内の大腸菌などの老化や病気の誘因ともなる悪玉菌の増殖を抑えるほか、腸の運動を活発にしたり、免疫力を向上させたり、発がん物質を分解するなど、多くの有用な作用があります。

いい換えれば、オリゴ糖そのものの働きでなく、オリゴ糖の摂取によって、ビフィズス菌などが増えてからだによい効果があるというわけです。 また、ビフィズス菌は母乳で育っている赤ちゃんに多く、年齢をとるにしたがって減少していきます。腸の中にはたくさんの菌がますが、老齢になるほどビフィズス菌は少なくなり、逆に腐敗菌や大腸菌が多くなるのが一般的です。

腸内には100種類、100兆以上の腸内細菌が生息してますが、中でもビフィズス菌は比較的多く存在しています。しかし、病気のときや疲れたとき、ストレスがたまったときなどには減少してしまうのです。腸内の環境からみると、ビフィズス菌が増えるようなときは、腐敗菌などの悪玉菌が少なくなり、反対にビフィズス菌が減るようなときは腐敗菌が増えていることがわかりました。

豆腐を食べることは、含まれるオリゴ糖によって、ビフィズス菌を増やして有害物質を作り出す菌の活動を抑制することになります。またビフィズス菌が増えて腐敗菌が少なくなれば、アンモニアも減少するので、それを解毒するための肝臓の負担も少なくてすむわけです。

とくにストレスがたまっているときなどは、豆腐を積極的にとるようにしたいものです。たとえば豆腐に大根おろしをのせて食べてはいかがでしょうか。ジアスターゼという、でんぷんの消化を促す酵素が入っているため、胃のもたれを防ぐ効果もあります。また大根おろしは発ガンを防ぐ効果があるアスコルビン酸も含まれている点でも頼もしい存在です。



このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果 All rights Reserved.