広島県広島市の豆腐家


豆腐と湯葉の豆腐家とは

豆腐家のとうふは「本物の、手造り」。

お店に入るとすぐに作っている現場を垣間見ることができ、とても身近に感じますし、安心感もあります。

移り行く季節に合わせ、気温と湿度を読み、収穫された大豆の状態にを見極め、その日における最高のとうふを造りだします。

豆腐家のとうふの味は長年のとうふ造りで培われた常川のカンが左右します。そしてとうふの味に一切妥協がありません。決して機械と人工的な凝固剤では、この味は出せないのです。

とうふを愛し、とうふの良さをたくさんの人に知ってもらいたい...。

毎日、その思いを伝えるためにとうふを造り続けます。



豆腐と湯葉の豆腐家の取り扱い商品

商品の数は総菜なども含めて豊富、来るたびに違う味を楽しむこともできます。健康的な豆腐を使ったメニューばかりです。味噌や醤油なども置いてあるので、合わせて買うこともできます。

店頭販売
おから 108円

寄せ 270円

ざる 324円

湯葉とうふ 324円

たぐり湯葉 540円

ひらゆば 432円

しみゆば 324円

豆乳 540円

生揚げ 130円

がんもどき 140円

手あげ 216円

広島の熟成2年醤油 260円

おとうふのたれ 464円

本どうふ(木綿、絹、めぐりあい、がんこ、広島育ち)

藻塩 540円

ジャム 450円

おからドーナツ 65円

コロッケ 108円

豆腐ハンバーグ 240円

揚げだし豆腐 230円

その他各総菜



豆腐と湯葉の豆腐家の商品を食べた感想

たくさんの商品が販売されている中で、今回わたしが買ったものがこちらです。

卯の花
えび、にんじん、こんにゃく、ごぼう、ねぎなどたくさんの具材が入っている。ちょっと甘めだけど、スーパーの卯の花とは違う。



豆腐ハンバーグ
豆腐のみを使っている。シイタケ、たけのこがたくさん入っていて、デミグラスソースが上にのっている。



本どうふ 木綿
にがみ2、舌触り5、堅さ1、塩2、甘さ2、濃厚3
食べたときの溶けるような食感が独特。木綿とは思えない舌触り。表面は少し硬い。味自体はあまり主張することはない。にがみもないし、味が薄めだがそのままでも食べれる。



湯葉とうふ
にがみ2、舌触り2、堅さ2、塩3、甘さ3、濃厚4
中に湯葉の破片が含まれているおぼろ豆腐で、その量は多くないものの、味が濃厚で存在感は大きい。味は苦味が少なくて甘さがほのかにあり、大豆の味も比較的強い濃厚な豆腐。
湯葉で独特の堅さと柔らかさがある。そしてにがみもなく甘さというよりちょっと塩感の方が強い印象。たれは醤油ベースで濃くないので湯葉とうふを楽しみながら食べることができる


寄せ豆腐 豆腐屋
にがみ2、舌触り4、堅さ2、塩2、甘さ2、濃厚2
滑らかな口当たりですっと口に入る豆腐で、味は苦味が少なくてほんのり甘さがある。大豆の味もほんのり奥の方から味わえる。書いてあるとおり、何もつけなくても食べれる。タレは醤油ベースで濃い味付け。


豆腐家へのアクセス方法

店名:豆腐家
お問い合わせ:082-870-9001
住所:広島県広島市安佐南区緑井4丁目30-20神宮山弐番館1F
営業時間:
月~土曜日 祝祭日
10:00~18:30 10:00~18:00
夏季(6月~9月)※ 夏季のみ営業時間が変わります
月~土曜日 祝祭日
10:00~19:00 10:00~18:30
定休日:日曜日
駐車場:あり

大きな道からひとつ奥に入ったところにあるので、最初に行くと迷うかもしれません。

ナビ
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 豆腐と納豆を徹底比較!全国の豆腐店を訪問した結果 All rights Reserved.

Copyright c 2017 豆腐を徹底比較!コンビニやスーパー編 All rights Reserved.