東京都中央区日本橋人形町の双葉


豆腐双葉とは

有限会社 双葉商店は、東京深川にて産声をあげました。
明治40年11月、創業者・田中篠作の故郷・山梨にちなんで「甲州屋」と名乗りをあげたのが始まりです。
戦後、昭和23年12月には、人形町に店を構え、店名も「双葉商店」と改名、その後二代目田中豊の並々みならぬ尽力によって、今日の双葉の礎を形成するに至りました。

有限会社双葉商店は、東京深川にて産声をあげました。明治40年11月、創業者・田中篠作の故郷・山梨にちなんで「甲州屋」と名乗りをあげたのが始まりです。 戦後、昭和23年12月には、人形町に店を構え、店名も「双葉商店」と改名、その後二代目田中豊の並々ならぬ尽力によって、今日の双葉の礎を形成するに至りました。 二代目田中豊は店売りは勿論のこと、配達にも力を入れ、贔屓にしていただいている銀座界隈の多くの方々をはじめ、水天宮、明治座帰りのお客様を対象に、「がんものパック入り」を考案、好評を得ました。三代目田中金一は、二代にわたる先達の技術と、製品のすべては「お客様のためにある」という双葉の「こころ」を継承、「銀杏がんも」等などの開発をはじめ、製造・販売に心を注ぎ今日に至りました。 ご承知の通り「豆腐」の生命は鮮度です。「双葉」では著しく鮮度の高い豆腐をご賞味いただくため、その日に作ったものをその日のうちに食べて頂くこと、そして何よりも「手作り」にこだわり、絶対に手抜きをしないことを常々心がけ、「原料」へのこだわりを大切にしています。 豆腐は水や凝固剤も勿論大切なものですが、それ以上に重要なのは原料の大豆です。大豆は日本の優れた食文化の基礎でもあります。厳しい大豆選びから、大豆そのものの甘さを引き出す製法で、おいしく飽きのこない豆腐を心をこめてお客様にお届けしています。 また、がんもどきは、人気のジャンボがんもをはじめ、銀杏がんも、栗がんも、野菜がんもとございます。ふっくらとしたおいしいがんもどきは、一品一品丹精をこめた手作りで、それぞれの素材を生かすため、素地も分けて製造しております。その他、納豆、甘酒、湯葉などの豊富な品揃えは、三代にわたる「こころ」ずくしの製品として自信をもってお奨めいたします。ご希望の方には、地方発送も承っております。 また当店2階の「豆腐料理双葉」におきまして当店自慢の製品を使った、各種料理をとり揃えておりますので、是非ご利用下さい。



豆腐双葉の取り扱い商品

商品の数は普通ぐらいで大豆を使った商品が並んでいます。とくにがんもが人気で種類が多いのも特徴です。


店頭販売
ジャンボがんも 650円
銀杏がんも 650円
野菜がんも 500円
角揚げ 430円
汲み上げ湯葉 750円
豆乳ドーナツ 500円
俺のおぼろ 400円
いなり用揚げ 450円
江戸っ子 170円
絹ごしとうふ 300円
豆腐のからあげ 300円
甘酒
焼豆腐 240円
竹豆腐ごま 380円
竹豆腐 330円
三角厚揚げ 430円
濃い豆乳 300円
東京納豆 200円
国産小粒納豆 200円
豆乳ソフト 300円



豆腐双葉の商品を食べた感想

たくさんの商品が販売されている中で、今回わたしが買ったものがこちらです。


江戸っ子
粘り3、濃厚2、苦味2、臭み3、堅さ5、たれの濃さ1
硬いが味が独特。大豆とは違う草っぽい味がする。薄めの印象でタレも薄めで納豆本来の味を楽しめる


おぼろ豆腐
にがみ3、舌触り3、堅さ1、塩2、甘さ2、濃厚5
最初に口に入れた時に豆腐という感覚ではなくなってしまうぐらい濃厚でクリームを食べているような感覚になる。味は甘みがやや強い。豆腐はどろどろに溶けていて豆乳を最後は飲むような感じ。



がんもどき
とにかく大きながんもどきで中には銀杏やくり、人参、ごま、昆布が入っていてサプライズ感もあり、堅めで食べ応えがある。味は苦めで油っぽい。でも使われている油は上手い。


豆腐双葉へのアクセス方法

店名:豆腐双葉
お問い合わせ:03-3666-1028
住所:東京都中央区日本橋人形町2丁目4−9
営業時間:
7:00~19:00
定休日:なし
駐車場:なし

ナビ
このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

Copyright © 2017 大豆製品を徹底比較!コンビニやスーパー編 All rights Reserved.

a